news

10月1日(土)「熊本 NPO法人いいおんな会議」のピンクリボン運動特別企画

更新日:2016年9月10日

10月1日(土)乳がんセミナーを熊本で行います!

日時:
平成28年10月1日(土)16時~18時
会場:
大塚製薬研修室(50名規模・辛島町)
会費:
無料
司会進行:
渡邉賀子先生(帯山中央病院院長)
講師 :
熊本大学乳腺外科 西村純子先生
内野貴久子先生(産婦人科医)、 中島ちか子氏(管理栄養士)
増田美加(医療ジャーナリスト)

テーマ

○熊大乳腺外科  西村純子先生 基調講演

  • 乳がんの予防と治療
  • なぜ増加しているかの背景
  • 検診のハードルを下げるために~どうしても痛い印象が強いマンモへのイメージの払拭、検査への意識のハードルを下げる(マンモの痛くないコツ、生理中または生理でないとき、費用など)

○内野貴久子先生(産婦人科医)

○中島ちか子氏(管理栄養士) 

○増田美加(医療ジャーナリスト) 

私からは、乳がんサバイバー視点から乳がん検診の必要性と、今話題のマンモでしこりが見えない乳房「デンスブレスト」についてお話しします。

案内書、申し込みはPDFからお願いいたします。
申込書(PDF)をダウンロードする

【レポート】9月25日(日)NPO女性医療ネットワーク、ジョイラボセミナー

更新日:2016年9月26日

2016年9月25日
対馬ルリ子女性ライフクリニックにて、
NPO女性医療ネットワーク、ジョイラボセミナー、行いました。

9月25日(日)NPO女性医療ネットワーク、ジョイラボセミナー

「これからの乳がん検診 『個別化検診』を考える」戸崎光宏先生 さがらブレストピアヘルスケアグループ 乳腺科部長をお迎えして、最適な精度の高い検診とは何か、世界の最先端の話をディスカッションしました。

9月21日(水)第75回マンマチアーのお知らせ

更新日:2016年9月13日

NPO法人 女性医療ネットワーク ブレストケア部会
マンマチアー(Mamma Cheer)委員会 第75回チアー活動のお知らせ

第75回マンマチアーのお知らせです。
9月21日(水)のチアー活動は、大阪大学大学院准教授 大野智先生をお招きし、「ホントに効くのか? “代替医療”のエビデンス&“がん免疫療法”の真実」をテーマにお話しいただきます。

 自分が、自分の大切な人ががんになると、
「標準治療のほかにも、何か少しでも病気を治すための治療、あるいは方法試したい」
と思うのが人情です。そこで多くの患者が考えるのが代替医療。
では、それらは本当に効果があるのでしょうか。
なかには人の弱みに付け込んで…的な悪徳ビジネスが沢山あるのも、残念ながら事実です。
 私たちは代替医療と、どうやって付き合っていけばいいのでしょう。
そこで今回は、近代西洋医学と補完・代替療法や伝統医学等を組み合わせて行う「統合医療」に精通する、大野智先生に、代替医療のエビデンスについてお話しいただきます。

 また腫瘍免疫学を長年研究していらっしゃる大野先生に、がん免疫療法、とくに今話題の「免疫チェックポイント阻害薬」についても、お話しいただきます。

 本来ならば、代替療法と免疫療法は2回に分けて聞きたいテーマですが、現在、大野先生は大阪が本拠地であり、超ご多忙ななか日程を確保していただいたため、贅沢にも一度にお話しいただきます。

【大野先生ご略歴】

大野智(おおの・さとし)先生
大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 准教授。

■ 第75回 マンマチアー(Mamma Cheer)“チアー活動”

日  時:
2016年9月21日(水) 開始18時半~20時20分 終了
場  所:
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
http://w-wellness.com/access.html のセミナールーム
テーマ:
「ホントに効くのか? “代替医療”のエビデンス&“がん免疫療法”の真実」
スピーカー:
大野智先生(大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 准教授)

☆参加費無料。申込み不要。
☆小規模な会なので、直接皆様といろいろなお話ができます。お気軽にご参加ください。

詳しくは添付のリリースをご覧ください。
第75回 マンマチアー“チアー活動”についてのリリース(PDF)をダウンロードする

どうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様のお越しを心よりお待ちしています!

9月16日(金)Minds(マインズ)で掲載対象として選ばれた 歯科矯正 初のガイドライン説明会

更新日:2016年9月10日

9月16日に「Minds(マインズ)で掲載対象として選ばれた 歯科矯正 初のガイドライン説明会」のメディアセミナーを行います。

歯科矯正治療の多くの問題を取材で知り『後悔しない歯科矯正』(小学館101文庫)で書いたのが2009年。

2010年~これまで、全国14か所を市民公開講座で回る中で、子供たちに不必要な矯正治療を行っている現状がさらに進んでいることを目の当たりにしました。1691人の参加者の方々の一般市民(医療消費者)からの声をなんとか届けたい。

専門医の先生方とEBMに基づくガイドラインができないかと試行錯誤しました。

やっと「上顎前歯が突出した小児(7歳から11歳)に対し、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する」というガイドラインが日本を代表する診療ガイドラインの情報提供サービス「Minds」において掲載されます。その詳細を発表します。

歯科医療の現状や正しい歯科矯正治療に興味のある方はぜひお越しください。

日時:
2016年9月16日(金) 受付開始:10:40~
<セミナー>11:00~12:10
<懇親会> 12:15~13:00
会場:
ベルサール八重洲 3階 Room5 ※受付は3階にございます
(東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル)
登壇者:
池 元太郎(JSO会長)
大野 秀徳(JSO副会長)
吉田 雅博(日本医療機能評価機構 EBM医療情報部部長)
増田 美加(医療ジャーナリスト)
<司会>星 隆夫(JSO理事)
主なプログラム:
  • 解説~歯科矯正を取り巻く現状と課題
  • 診療ガイドラインとMindsについて
  • 歯科矯正の新ガイドラインご説明/一般向けガイドラインご披露
  • 質疑応答
  • 懇親会
会場アクセス:
「日本橋駅」 A7出口 直結 (東西線・銀座線・浅草線)
「東京駅」 八重洲北口 徒歩3分 (JR線・丸ノ内線)

詳しくは案内状をご覧ください。pdfファイルをダウンロードする